会社を休む理由と当日や事前に使える言い訳11選

この記事は約4分で読めます。

会社を休む理由と当日や事前に使える言い訳11選

会社を休む理由と当日や事前に使える言い訳11選

会社を休む理由を探している方へ。
会社を休む理由の参考になる情報をご紹介します。また、仕事が好きな人でも一度は「会社を休みたいな」と考えた経験があるのではないでしょうか。
そんな時それ相応の休む理由が必要になります。休む場合、当日や事前連絡などのそれぞれの伝え方と理由、また連絡する際の注意点から、「会社を休みたい」と思い続けている場合の対処方法など、知っておいて損はない情報も併せて解説します。
仕事を楽しみつつ自分らしく生きるヒントとして参考にしてみてください。

目次
  1. 会社に休みたいと思う原因やきっかけ
  2. 会社を休みたい時に使う理由と言い訳
  3. 会社を休む口実に無理がある理由や嘘だとバレやすい言い訳
  4. 会社を休みたいと考えている方へ
  5. 当日に会社を休む場合の連絡方法
  6. 会社を休みたいのに無理して出社を続けると発生するリスク
  7. 会社を休みたいと思った時におすすめの対処方法
  8. まとめ

会社に休みたいと思う原因やきっかけ

「今の仕事が辛い」、「辞めたい」と思ったことはありませんか?
中には「今の仕事が天職で楽しくやりがいも感じている。この先もずっと続けたい!」と思っている方もいるでしょう。素晴らしいことですね。
「仕事を休みたい。。。」との気持ちは「俺だけ?私だけ?」と不安になりますよね。でも順調に見える方でも、多くの方は「仕事を休みたい」と一度くらいは考えるもの。自然なことなのです。ちなみに、「仕事を休みたい」と考えている人・思っている人は以下のような何かしらの要因やきっかけがあります。

会社を休みたい原因・きっかけの主な内容
  • 毎日の通勤ラッシュ時の混雑へのストレス
  • 上司や先輩と馬が合わない&いつも叱責されるストレス
  • 今の会社には自分の居場所がないと感じるストレス
  • 仕事にやりがいを感じないストレス
  • 残業続きで家に帰るのがいつも遅くなるストレス

上記のような、あらゆるストレスから苦しい思いをしていて該当する人も多いのではないでしょうか。このようなストレスを普段から常に感じていると心も不健康になり、「会社に行きたくない」「仕事をサボりたい」「会社を休みたい」と考えるのは当然です。

会社を休みたい時に使う理由と言い訳

会社を休む連絡をしたい時に「当日」「事前」の2つに分けてそれぞれの使える理由をご紹介します。普段からサボり癖があり、頻繁に休んでいる人は安易に休暇をとることはおすすめしませんが、以下の休む理由に該当している場合や過度なストレスによる体調不良などはガス抜きは必要です。引き継ぐ部分は出社メンバーに引き継ぎ休むように調整してみましょう。上手い言い訳を身につけて休暇のための活用する術を身につけるのもワークライフバランスを保つコツです。

当日連絡に使える理由・言い訳

こちらでは当日に使える会社を休む理由や言い訳をご紹介します。

当日連絡に使える理由・言い訳(1):体調不良

当日の休暇連絡で定番の体調不良。頭痛・腹痛・下痢・嘔吐・腰痛・歯痛などが含まれます。女性限定ですが生理痛も含まれます。該当する場合は、社内規則に合わせて上司や会社へ報告のため連絡するようにしましょう。やむを得ない場合を除き、業務開始後の連絡は避けるようにして始業の15分前までには連絡を入れる方が好印象です。電話では病状や体温なども合わせて報告して会社に出社が難しいことを伝えます。前日夜から体調が悪い場合は前日に連絡すると印象も悪くならないでしょう(上司へのメールやLINE連絡が可能な場合に限る)。

例文(朝に体調不良で出社困難な場合)
「朝起きて体調不良に気づき様子をみていましたが、熱があり出社が難しいため本日は休暇をいただきたいです。本日いっぱい療養に徹して様子をみて、明日の出社も難しそうであればまたご連絡いたします。」
※病院へいく場合は電話でその旨を伝えると良いでしょう。

昨今はコロナ禍なので体調不良を言い訳として休む場合、PCR検査の指示など少し面倒なことにつながることも考えられます。その時々の状況などを考慮して言い訳として使えるのかどうかは考えましょう。
当日連絡に使える理由・言い訳(2):インフルエンザなどの感染症

どこの会社でもインフルエンザ・新型コロナウィルス・感染症胃腸炎など人にかかりやすいウィルスにかかった場合は特定の療養期間が設けられています。その定められた期間の休暇を取得することが可能です。気をつけなければいけないのが、感染症を理由に休暇をとる場合は医療機関の診断証明を復帰後に提出する会社がほとんどではないでしょうか(会社によっては不要な場合もあり)。言い訳としてこれらの感染症を理由に休む場合はそれらのリスクも考慮しましょう。

会社によっては療養期間に対して欠勤扱いになる場合もあるので社内規則を事前に確認しておくこともおすすめします。

例文
「昨日の夜から熱があり、今朝に熱を計ると40度近く熱がありました。インフルエンザの可能性もあるので病院で受診をしようと考えています。出社も難しいため本日休暇をいただいてよろしいでしょうか。インフルエンザの場合、ご報告のため再度ご連絡いたします。」

※インフルエンザなどの感染症と診断された場合、医師に会社への復帰は何日後が望ましいか確認するようにしましょう。確認した内容を上司や会社に伝えておくと、連絡を受けた側も対応の判断がスムーズです。
当日連絡に使える理由・言い訳(3):家族(ペット含)の体調不良

同居している家族の体調不良、特に両親が高齢の場合や介護が必要な場合は状況を伝えることで休暇や半休などもらいやすいでしょう。言い訳に休む場合も自分ではなく家族のことなので、言い訳として乱用していなければ使いやすい言い訳ですね。ペットについての許容は会社によって様々なので社内規則や事前に上司などに確認しておきましょう。

例文
「家族の〇〇が昨日の夜から熱が収まらず本日病院へ連れて行き、一人にするのも心配なので看病のためお休みいただきたいです。」

当日いっぱい様子をみて状況(明日出社できそうかどうか)を後ほど会社へ連絡すると印象も良いでしょう。
当日連絡に使える理由・言い訳(4):子供の体調不良

子供がいる方限定ですが、子供の発熱や怪我などを理由に休むことも可能です。特に小さな子供がいる場合、当然一人で病院にいったりお留守番をさせておくなどは強要もできないので、状況を会社や上司に伝えて休暇をもらうようにしましょう。言い訳に休む場合も自分ではなく子供のことなので、言い訳として乱用していなければ使いやすい言い訳ですね。

例文
「子供が昨日の夜から熱が収まらず本日病院へ連れて行き、一人にするのも心配なので看病のためお休みいただきたいです。」

当日いっぱい様子をみて状況(明日出社できそうかどうか)を後ほど会社へ連絡すると印象も良いでしょう。

事前連絡に使える理由・言い訳

こちらでは事前に使える会社を休む理由や言い訳をご紹介します。
※一般的に有給休暇を取得する場合は理由は「私用のため」などで問題ないので、以下の紹介内容など積極的に言わなくても問題はありません。会社のルールや他の方が休暇申請した際の対応をみて、会社毎の休暇申請・連絡をするようにしましょう。

当日連絡に使える理由・言い訳(1):法事

親族の法事がある場合、事前に上司や会社へ伝えておくと有給などで休暇をもらいやすくなります。法事は事前に日程を定めてやる場合が多く、シーズンを問わないので有給休暇などで内容を言わないといけない場合に利用することが多い傾向にあります。ブラック企業や休暇申請を出しても承認がもらいにくい企業の場合、法事の場所や時間など聞いてくる可能性もあるため、言い訳に使う場合はある程度情報を用意しておくことをおすすめします。

例文
「◯月◯日に祖母の◯回忌があるので有給をいただきたいです」
当日連絡に使える理由・言い訳(2):家族や友人の結婚式

家族や親族、友人の結婚式への出席を理由とした休暇は言い訳としてよく用いられる口実です。友達などプライベートな領域の為、会社側も断りにくく適度な間隔を空けて言い訳として活用すると自然な感じで演出できます。

例文
「◯月◯日に友人の結婚式があるので有給をいただきたいです」
当日連絡に使える理由・言い訳(3):役所などでの手続き

役所での手続きを休暇の理由にするのは自然な流れです。平日しか営業していないので平日休みでもない限り用事を済ますことができません。ただ最近は住民票など最寄りのコンビニからでも取得できる書類もあるので言い訳にする場合で説明を求められた場合は矛盾が発生しないようにしましょう。

当日連絡に使える理由・言い訳(4):子供の学校行事

参観日、運動会、発表会など子供がいる場合は学校行事を理由に休暇申請をするのは自然です。平日の日中にやっていることが多く、会社の休暇予定が合わない限りは参加もできません。直近で申請や休暇相談をするのではなく、数日前から上司や会社に相談することで調整もしやすくなるでしょう。

会社を休む口実に無理がある理由や嘘だとバレやすい言い訳

会社を休む際に使うと嘘だどバレやすい理由や言い訳をご紹介します。使う人がたまにいますがかなりリスキーなのでおすすめしません。

無理がある休む理由や嘘だとバレやすい言い訳(1):忌引

忌引はアルバイトや契約社員など正規雇用ではない方が使いやすい言い訳や休む理由ですが、よく休む理由として使われるフレーズなので休暇連絡の伝達内容にリアリティーがないと疑われてしまいます。亡くなった方の続柄やお葬式場・お葬式場の名前、開始時間など確認されることが多いです。本当に身内の方が亡くなりお葬式に行かないといけない際にのみ使うようにすることをおすすめします。

無理がある休む理由や嘘だとバレやすい言い訳(2):公共交通機関のトラブル

ネット検索が容易い現代において交通機関の乱れやトラブルでの運行停止などを理由に休むのは無理があるでしょう。世間の認識としては会社へ努める責任として、通常利用している交通ルートでなにかしら遅延などが発生した場合は他ルートで時間通り間に合うように出社するのが常識と考えるからです。電車がダメならバスや自家用車など。仮に公共交通機関のトラブルを理由に休めたとしても信用を失うことに繋がることになりかねません。他の理由や言い訳をおすすめします。

無理がある休む理由や嘘だとバレやすい言い訳(3):同じ理由の乱用

体調不良や冠婚葬祭など事前に有給申請しての休暇であれば問題ないのですが、いきなり休暇をとる場合に言い訳として短期間の間に類似理由や類似の言い訳で休暇連絡をするのはおすすめしません。会社の担当や上司もバカではないので疑われるきっかけになるからです。会社や個人の仕事、心身の状況から適度に休みをとる(ズル休みも含)ことも重要ですが、休みをきっかけに信用を失わないようにコントロールしましょう。

会社を休みたいと考えている方へ

人によって事情は様々だと思いますが、何かの理由から「仕事に行きたくない」「また1週間が始まる。休みたい」と日曜日の夜や週半ばで感じたことがある方が大半ではないでしょうか。

会社や上司に何も連絡なしの無断欠勤や、ズル休みは社会人である前提としてやってはいけないことです。ただそれ相応の事情やストレスでの心身の不調など無理をするのは危険です。その場合の気持ちの対処方法も解説していますので参考にしてみてくださいね。

休む場合の理由説明や連絡の際に気を付けるポイントも紹介しているので参考にしていただき、会社や関わる上司・メンバーに迷惑をかけず出社時に円滑に仕事に復帰できるようにしておくようにしましょう。

当日に会社を休む場合の連絡方法

諸事情で急遽休みたい会社に休みたいと申し出る場合、本人が会社(総務など)や直属の上司に電話で報告して許可を得るのが一般常識です。LINE・メール・チャットでOKの会社もありますが、そこは先輩や周りのメンバーの連絡方法や会社規則をしっかり確認しておきましょう。尚、電車の中など止むを得ない場合は事情をメールやLINEで説明して休暇を取りたい諸事情を連絡するのも問題ないありません。そこは時・場合・場所で柔軟に対応しましょう。

電話が苦手で休みたいけど電話したくない場合は、体調不良などでだれでも休暇をとるために電話していると考えましょう。理由が不自然でない限り通常の会社では、体調を気遣い休みを取らせてくれます。上司や同じ職場の人と電話で話すだけなので緊張せず通常通り話せば問題ありません。

何も報告なく勝手に休暇をとると信用も下がり欠勤扱いになる上、評価も下がるでしょう。休暇連絡はめんどくさい気持ちもわかりますが、今後のためにも確認をとり休暇を取得するようにしましょう。

会社を休みたいのに無理して出社を続けると発生するリスク

体調が悪いわけじゃない、今日だけは会社を休みたいなど前日の朝や当日の朝に突然そう思い始め、その時は会社を休むことしか考えられない時期がだれしもあるのではないでしょうか。でも自分が休むと周りの人たちに迷惑がかかる、私が休むと仕事が回らなくなるとの心配から結局会社へ向かっている傾向の方がたくさんいると思います。

「会社を休みたい」はあなたの心がSOSを出しているサインなのかもしれません。それに気づかずに無理を続け出社し続けると心身はさらに疲れ、疲れがストレスへと繋がり最悪の場合、重大な事故や病気へと繋がるリスクがあります。

会社を休みたい理由が「会社へ行きたくない」「仕事をしている姿を想像したくない」「他の人に迷惑をかけてしまう」に該当する場合は可能であれば長期休暇、少なくとも休み時間を儲けるようにして仕事から一度離れることをおすすめします。

あなたがいなくても仕事は進み、社会全体は常に前進し続けます。時にはいい意味でサボることができる能力を身につけ、ストレス社会を自分が決めた疲れないペースで人生を歩むことが大切です。

会社を休みたいと思った時におすすめの対処方法

今日は会社を休みたいと思った時、もし今日会社を休んだ場合にやりたいと思っていることを思い浮かべてみましょう。そしてやりたいことがすぐに思い浮かんだ、そもそもやりたいことがたくさんあってそれができないから休みたい、などの方は休まなくても良いでしょう。今やりたいと思っていることは本当の休日にした方が何倍も楽しめるからです。会社を休むと少なからず、休んだ翌日のことや他会社に関わることを考えてしまい、やることに集中できません。

他の理由の場合は何が原因で休みたいと考えているのかを把握することが大切です。根本を解決しないと永遠とその「休みたい」という気持ちを抱えながら働くことになるからです。自分で考えても原因がわからない場合は友人や身近な人に相談してみるのもおすすめ。自分の口で説明することで本心と向き合えますし客観的な意見ももらえるかもしれません。

「休みたい」と感じる理由を探すために自分で動き、必要であれば環境を変えたり職自体の見直しを行うのもいいでしょう。

まとめ

「会社へ行きたくない」と思い、会社を休む場合は会社を休む理由をよく考えて使うようにしましょう。当日の朝に連絡して休みをもらう場合、理由を偽り嘘であることがバレると評価に加え自分に対する信用も落としてしまうことになります。

本コラムを読んでいただき「今の休みたい気持ちはストレスからかも」と思い当たる節があるのであれば迷わず休みましょう。自分の道を決めるのも自分を守るのもあなた自身です。会社ではありません。少しぐらい休んだって会社や仕事はまわるので心配無用です。

仕事第一より自分第一であなたが本当に輝ける環境を見つけれることをお祈りしています。


関連記事

関連するキーワードタグ