好きとは何か?恋や恋愛感情を知るための方法を解説

この記事は約4分で読めます。

好きとは何か?恋や恋愛感情を知るための方法を解説

好きとは何か?恋や恋愛感情を知るための方法を解説

好きはどのような感情なのでしょうか。好きという感情は、「友達として好き」「人として好き」など様々ありますよね。そんな「好き」についての感情はどういったものでどのようなタイミングに抱くのか、また付き合っている相手のことが好きかどうかわからなくなった時にどのように気持ちの整理をすればいいのかなど「好き」にまつわる疑問を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

目次
  1. 好きとは?
  2. 好きの感情は様々!好きの種類や違いを解説
  3. 恋愛や恋愛感情とはどういうことか?
  4. 好きかどうかわからなくなる理由と心理
  5. 本当に別れる?別れる前に確認するポイント
  6. 好きだけど...。相手に好きと言えなくなる理由や心理と好き避け
  7. 【男女別】好きになる瞬間や好きになるきっかけ
  8. 【恋愛診断】好きかどうかわからない!相手のことが好きかどうか自分の気持ちを調べる方法
  9. 好きかどうかわからない相手に好意を伝える方法
  10. まとめ

好きとは?

辞書で調べると好きとは、「心がひかれること」「気に入ること」「片寄ってそのことを好むさま」「自分の思うままに振る舞うこと」との意味ですが、人を好きになることや好きという感情は、結論からいうと実際に自分が感じてみるしかわからないです。説明であらゆる「好き」の違いを伝えるのは難しいく、それぞれの「好き」を経験したことのある人であれば哲学的な話や説明から実体験と重ね合わせて頭で整理はできると思います。人によって「好き」や「愛してる」のイメージは気持ちの強さや大きさが異なるもので自分の解釈した感情や考えが意味であり答えとなるでしょう。なので「好き」がわからない人は今までの経験の中で底から人を好きになったことがない人である傾向があります。関わる人に興味を持つようにすれば、いずれ気になる人が現れるでしょう。「好き」という感情は気になる人がいて初めて芽生えるものです。対象が身内でない異性の場合は「恋」や「恋愛」とも呼びますね。なので「好き」を知りたければ人に興味を持つところから始めてみてはいかがでしょうか。百聞は一見に如かず。あらゆる「好き」は経験から理解できるでしょう。

好きの感情は様々!好きの種類や違いを解説

好きという感情に種類があります。相手が彼氏や彼女でない場合は友達やけど一緒にいると楽しいし、少し男や女を感じてしまうところや、喋っているだけで安心できたり、温かい気持ちになったりと様々な感情で心ひかれることがありますよね。これは全て「好き」な感情と言えるでしょう。ではどのような「好き」があるのか解説します。

好きの種類(1):友達として好き

同性の友人であれば友達として好きの感情は説明不要だと思いますが、異性の人で友人として好きな人がいる。要は男女の友情は成立するのかどうか。どちらが一方が友達だと思い込んで、相手も同じ気持ちだろうと勘違いしている可能性があります。友達でいると男女問わずそのような感情を抱きやすくなるので男女間の友情は成り立ちにくいでしょう。友達だと思っていたけど笑った顔にドキッとしたとか、友人だと思い込んでいた男性や女性に性的魅力を感じてキスしたくなったとか、いつも着ている服装を見て可愛いと思ったとか、そのような些細なことで簡単に発展してしまうのが男女なのです。なので友達として好きは同性の場合はありえますが、異性の場合はまず成り立たないと言えます。

好きの種類(2):人として好き

人として好きは左脳で好きになっている傾向があります。左脳は言語や計算力、論理的思考を司る脳です。自分がこの先、未来に向かって歩む中でこの人と一緒にいたら自分の未来がきっと明るくなるだろう、論理的に考えてもきっと私はこの人といるべきだと思える人が人として好きってことを忌しています。特徴としては性的魅力を感じていない人が該当するでしょう。

好きの種類(3):恋愛対象として好き

右脳でその人を好きになっている傾向があります。右脳はイメージ力や記憶力、想像力やひらめきを司る脳で、感情的に好きにっているということです。恋愛として好きっていうによく該当する例として、これまでに体験したことのないことを提供してくるれる相手に男女とも感情を抱きがちです。性的な魅力を感じるのも特徴と言えるでしょう。特に自分特有の性癖や自分好みがあり、自分が性的に魅力を感じて好きや色気を感じるドキドキした感情を感じる恋愛として好きになっていると言えます。

婚活者必見!結婚相手で相応しいのは?

「人として好き」or「恋愛として好き」に該当する人で付き合う相手は中長期的な視点や結婚する相手として考えると、「人として好き」な人を捕まえてパートナーとした方が理想です。理由は「恋愛として好き」は長期目線でみると感情が持続しないからです。最初は熱愛でも一緒に住み始めて「あれ?なんか違う」と、嫌なところが目につき出すとあの時の方がよかったと思いがち。恋愛として好きはあくまで恋愛関係での相性が良いだけで、婚活などで結婚を考える相手は「人柄が好き」などと思える方が長続きしやすいと言えるでしょう。恋愛が冷めても人して好きや人として尊敬できるがあればそのメリットは残り続けるので持続しやすいと言えます。

恋愛や恋愛感情とはどういうことか?

人はどのように恋に落ちるのでしょうか?結論から要約すると、恋愛や恋愛感情を持つ・恋に落ちるとは何かの衝撃によって心が振動することを指しています。例えばあの人の笑顔が素敵だなとか、この人はさりげなく優しくしてくれるなどの相手の外見や言動などによって衝撃を受けると心が震えます。その震え、振動状態を恋をしていると置き換えることができます。人は想定外のことが起きると衝撃を受けます。そして衝撃には2種類あり、ポジティブな衝撃とネガティブな衝撃です。例えばあの人はこんなに優しかったんだなどはポジティブな衝撃。愛し合っていたのに別れを切り出されたなどはネガティブな衝撃です。あまりにも強いネガティブな衝撃を受けるとトラウマのきっかけにもなります。恋をしてボーっとするのは意識が過去に行っておりポジティブな衝撃を思い出そうとしているから。その感情からもう一度あのポジティブな衝撃を体験したいとのことからその人を追いかけてしまうのは恋愛感情を抱きその人の事を好になっているということです。

好きかどうかわからなくなる理由と心理

自分が相手のことを本当に好きなのかどうか、もしくは逆に相手が自分のことを本当に好きかどうか、真剣に付き合ってくれているのかどうかという悩みは誰でもよくある日常的な悩みです。人間が抱く「好き」や「嫌い」という感情は0%か100%の二者択一ではありません。例えば相手と出会った時の気持ちと交際を続けて1年後や2年経過した時の気持ちは後者側の方が相手を好きな気持ちというのは高まっているはずです。それは同じ時間を持つことにより徐々に関係性が深まり、愛情の度合いも深まるからです。もちろん一概に時間が経っているから愛情が深まるとは言えません。紆余曲折もあり変化することもあります。それらもまとめて人間関係は一緒に苦難を乗り越えながら愛情や好きな感情が深まっていくものです。前は好きだったけど今は好きなんだろうか?と考えるのは自然なことで誰しもあることなのです。今別れた方がいいのかな?と考えてても、後半年や1年付き合ってみると逆にまた好きになっていたりなんてことも当たり前のようにあります。そのことも考えて本当に今すぐ別れるべきかどうか、その判断が最善なのかはしっかり考えた方が良いでしょう。

本当に別れる?別れる前に確認するポイント

恋愛をするたびに「この人ともう別れた方がいいかな?」「別れたほうが良いかもしれない」など判断するタイミングですごく悩みますよね。別れたいと思った時に後悔しないで次に進めむためにしっかりと判断時に確認するポイントを解説します。

別れを悩んだ時の判断方法

例えば今パートナーが目の前にいてそのパートナーに対して不満と悩みがあり、幸せと思う瞬間と苦しいと思う瞬間を天秤にかけた時にどっちが重たいのかというのは自分の心の判断なのでなかなか計りにくいですよね。だからすごくモヤモヤするし苦しく悩みが続く原因となっています。ただその悩みに対してとことん悩むのも悪くありません。ただ、だらだと時間だけがすぎていくことに対しては時間の無駄遣いにもなるのでその事態は避けた方がよいでしょう。別れるか別れないか判断する際には3つのSTEPを紹介します。

別れを悩んだ時の判断方法 STEP1:自分の理想の女性像や男性像をあらためて考え直す

今目の前にいる人をどうこうではなく、自分自身がどんな人を求めているのかを一回振り返ってみましょう。その時に理想のパートナー像を紙に書き出してみましょう。大事なのが理想のパートナー像を書くと同時に自分自身の理想像も同じ数だけ書いてみましょう。これは相手にだけ求めて相手にだけ指摘をしないためです。理想のパートナー像を考えた時に自分もそのパートナー像に見合う自分にならないと両思いは実現しないからです。その釣り合う条件を見える化して意識し自分を変えるこで成長しチャンスを掴めるようにもなります。自分がパートナーに求める条件を見える化することで今彼、今彼女がやっぱり適しているかもと再認識できるきっかけにもなったりします。なので「別れる」「別れない」を考える前に今一度自分の心にパートナー像を問いかけ明確にすることが大事なのです。

別れを悩んだ時の判断方法 STEP2:彼氏・彼女の好きな所と嫌いなところを考える

パートナーの好きなところと嫌いなところを明確にすることにより、自分がなぜ悩んでいるのかが見えてきます。こちらも紙に記載して一度整理してみましょう。

別れを悩んだ時の判断方法 STEP3:彼氏・彼女を自分の理想のパートナー像と比較する

彼や彼女の好きなところや嫌いなところを書き出した内容と理想のパートナー像を比較していくつ合致しているかを確認してみましょう。あてはまるけどあてはまらない内容はそれでグループとしましょう。それは改善の余地があるということ。全然あてはまらない内容はいくつあったでしょうか?その当てはまらない内容があなたの悩みや苦しさを産んでいる可能性があります。その内容をみて今後彼や彼女を改善できる要素なのかどうかをしっかり考えてみましょう。改善へのアプローチは2つあり改善すように相手へ促すか自分の捉え方を改善するかです。改善できそうということであれば相手と向き合いともに改善を進め様子をみてみましょう。逆に難しい感じであればお別れして理想のパートナー像を参考に新たな相手を探してみた方がよいでしょう。

好きだけど...。相手に好きと言えなくなる理由や心理と好き避け

男性、女性ともに好きだけど相手に好きと言えなくなる理由や心理として、好きだからこそ恥ずかしく素直になれない、素直に言えないことが当てはまるでしょう。自分の気持ちを相手に悟られないために冷たい態度や言動をしてしまったりと、好き避けをしてしまう人も好きなくありません。男性は意外とわかりやすく、好きな人を目の前にすると挙動不審になったり、顔が赤くなったりと女性は「この男性好き避けしてる?」と気づきやすいのが特徴です。逆に女性はわかりづらく、好きで避けているのか、嫌いで避けているのか見分けにくいのもが特徴と言えます。

相手に好きと言えなくなる理由や心理と好き避け(1):相手の気をひきたい

いわゆる駆け引きをしています。自分を気にかけてほしいとかもっと追いかけてほしいなど、そっけなく振る舞うことであなたを自分に夢中ににさせたい心理からそっけなくしています。

相手に好きと言えなくなる理由や心理と好き避け(2):カッコ悪い姿をみせたくない

挙動不審になったり顔が赤くなったりと好きな相手に変な人だなと思われたくない思いからそっけない態度をとってしまう心理。

相手に好きと言えなくなる理由や心理と好き避け(3):恥ずかしい

好きな気持ちがバレて、関係がギクシャクするのが嫌だからそっけない態度をとってしまう。恋愛慣れしていないタイプが多い傾向にあります。そっけない態度とは真逆に本人はもっと相手と仲良くしたいと思っています。そのため、後で「なんであんな態度をとってしまったのか」と自己嫌悪に陥ることも。

相手に好きと言えなくなる理由や心理と好き避け(4):プライドが高い

プライドが高い人は臆病です。傷つきたくないや嫌な思いをしたくない心理が働き、嫌われる前に自分から嫌うという行動を取ります。

相手に好きと言えなくなる理由や心理と好き避け(5):周囲にバレたくない

周りに冷やかされたくない、既に冷やかされているとその状況が嫌でそっけない態度をとってしまいます。特に女性は人関係を気にするあまり、自分が好きな相手に対して冷たくなってしまうのです。

【男女別】好きになる瞬間や好きになるきっかけ

女性のこと、男性のことをどのようなきっかけで好きになるのでしょうか。どんな人でも相手を好きになるきっかけというのが何かしらあります。一目惚れだったり優しい雰囲気が良かったり、男性にしても女性にしても人を好きになるきっかけはさまざまです。そこで男性、女性がそれぞれ好きになるきっかけを分けてご紹介します。

女性が男性を好きになる瞬間や好きになるきっかけ3選

女性は男性よりも感受性が豊かなひとが多いので男性からすると「そんなことで好きになるの?」と思うよな理由がたくさんあります。特性をしっていれば意図的に振り向かせることができるかもしれません。参考にしてみてください。

女性が男性を好きになる瞬間や好きになるきっかけ(1):さりげない優しさを感じたとき

男性からのちょっとした優しさに女性は弱いです。職場で困っている時や怒られた後にさりげなくフォローを入れてくれる、落ち込んだ気持ちを持ち上げるために冗談をいってくれたりなど、そんなさりげない優しさにいいなぁと感じ好きになることがあります。

女性が男性を好きになる瞬間や好きになるきっかけ(2):一生懸命な姿をみたとき

女性は男性がなんいかに一生懸命に取り組む姿をみてキュンとっすることがあります。例えばテキパキと仕事をこなす姿や真剣な眼差しで書類を書いていたりと仕事熱心な男性に尊敬の気持ちをいだき、その気持ちが恋に発展することもあります。他、趣味やスポーツなどをしているときであれば一生懸命に汗を流し夢中になっている姿やパワフルに動き回る姿が男らしく魅力的と感じるのです。

女性が男性を好きになる瞬間や好きになるきっかけ(3):小さな変化に気づき声をかけてくれたとき

髪型や服装などの見た目の変化や仕事内容に対してストレートに「いいね!」と褒めてくれるのは誰でも嬉しく感じます。それが少し気になっている相手であればその褒め言葉が好きになるきっかけになることもあります。褒めてもらえた嬉しさがあり、意識して好きになってしまうのです。また褒める以外の変化にも気づき声をかけられた時に私のことをしっかり理解してくれていると感じ好きになります。

男性が女性を好きになる瞬間や好きになるきっかけ3選

男性がいつどの瞬間、どういったきっかけで女性を好きになるかを解説。心が揺れ動いた瞬間に好きになることもあるし、気づいたら好きになっていることもあります。女性も同じく特性をしっていれば意図的に振り向かせることができるかもしれません。参考にしてみてください。

男性が女性を好きになる瞬間や好きになるきっかけ(1):疲れている時に優しくしてくれたとき

疲れている時に優しくしてくれる女性に弱い男性はたくさんいます。男性に限らず女性も多いかもしれません。疲れているときやネガティブな感情の時にそっと優しい言葉をかけて寄り添ってくれる女性を好きになります。

男性が女性を好きになる瞬間や好きになるきっかけ(2):長い時間を一緒に過ごしたとき

男性は長い時間女性と一緒に過ごしていると次第に好きになっていきます。お互いが接触する回数が増えるほど、相手に好意を抱きやすくなります。一番最初は軽い気持ちで付き合っても日数が経つにつれ気持ちが高まるのと同じ効果です。これは心理学的に言うと単純接触効果といいます。

男性が女性を好きになる瞬間や好きになるきっかけ(3):初めてみたとき

男性は好意を持つ女性を初めてみた瞬間に好きになっています。出会ってわずか数秒で好意をもつ女性か好意を持たない女性かを直感で判断しています。いわば本能で好きになるきっかけです。

【恋愛診断】好きかどうかわからない!相手のことが好きかどうか自分の気持ちを調べる方法

彼女や彼氏が好きなのかがわからないなど、あの人のこと私は好きなのかな?など、恋愛で悩んでいる人が本当に好きかどうか確かめられる方法を好きな人にとりがちな言動を軸に解説します。参考にしてみてください。

相手のことが好きかどうか自分の気持ちを調べる方法(1):目が合うと慌ててそらしてしまう

人は好きな人ができるとその人のことをずっとみていたいと思うので無意識にその人のことを目でおってしまいます。でも無意識にやっている行動なので目があった途端に恥ずかしくなって目を避けてしまうのです。特に奥手の男性や女性の場合、はずかしがりやなので好きな人を目の前にすると緊張して目を見たり話せなくなったりするようであれば、その人に対して好きな感情があるということです。

相手のことが好きかどうか自分の気持ちを調べる方法(2):近くにその人がいるとよく話かけている

大勢の集まりや友達同士の集まりなどで、気がつくといつも近くにいて話かけていたり、その人が仲間から離れたタイミングで話しかけたりしている人は気があるので話かているということでしょう。少しでもいいからその人と2人で話がしたいという恋心の表れといっていいでしょう。

相手のことが好きかどうか自分の気持ちを調べる方法(3):他の女性や男性とその人が話していたら気が悪くなる

その人が他の異性とにこやかに話していたり親しげにしていると機嫌が悪くなるのはヤキモチを焼いているからではないでしょうか。また付き合ってもいない男性や女性でも普通にみんなで話していたのにその後なんだか嫌な気持ちになればその人に対して恋をしているということでしょう。その嫌な気持ちは、そのグループ内で他に狙っている人はいないか、他の人にとられたくないとの気持ちから起こるものではないでしょうか。

相手のことが好きかどうか自分の気持ちを調べる方法(4):リアクションが大きくなる

その人の話にいちいちオーバーリアクションをしていませんか?リアクションが大きいことに気がついたらそれはその人のことが気になっていて、楽しいという表現と相手の記憶に自分を残したいという願望からくる行動でしょう。

相手のことが好きかどうか自分の気持ちを調べる方法(5):LINEの返信が気になる

LINEのやりとりの間隔が気になるのは相手に好意をいただいていることの表れです。気になる人からの連絡は嬉しいですもんね。女性や男性は恋をすると相手からの返信を心待ちにしてスマホがなるたびにドキドキしているのではないでしょうか。なのですぐに返信なんて行動しちゃいますよね。その分、相手からの返信が遅かったりすると不安になったり、気になったりするのは相手のことに対して好意があるからなのです。

好きかどうかわからない相手に好意を伝える方法

好きかどうかはわからない。自分の気持ちの整理がついていないけど気になる。あの人から良いように思われたい。など様々な理由から好きかどうかわからないけど好意だけは伝えたいと思うタイミングがありますよね。ですが不自然なアプローチや間違った伝え方で相手に悪い印象を与えてしまったらどうしようなんて尻込みしてしてなかなか行動に移せない気持ちもわかります。そこで自然に気になる人へ好意を伝える効果的な方法を紹介します。好きと明確にわかっている人へも効果的なアプローチとなるので参考にしてください。

好きかどうかわからない相手に好意を伝える方法(1):ポイントを見極めて褒める

人間誰しも褒められて嫌な気持ちになる人はいません。それは男女問わず同じことです。褒められると人間は自分を肯定してくれたと感じ相手に対して好意を抱くようになります。これを続けることにより相手はもしかして私に、俺に好意を持ってくれているのかなっと感じるようになるのです。

好きかどうかわからない相手に好意を伝える方法(2):自然と特別な扱いをする

他と比べて特別扱いされていることを感じるとこ好意を持っていると相手は感じるようになります。例えば他の人より気に掛けてくれる、優しく接してくれる、丁寧に扱ってくれるなど。ただ特に女性は周りとの関係性や調和を大事にするので、男性から女性にこの方法を利用する場合はあかさまなえこひいきはしないようにしましょう。

好きかどうかわからない相手に好意を伝える方法(3):相手の目を見て話す

はずかしがり屋の人は特に好きな人が相手となると目を見て話すのは難しく感じるかもしれません。好きな気持ちが溢れるばかりに相手の目を見つめられない。気持ちはわかりますが、目を見るとは感情が口に出さずとも伝える方法の一つです。相手からするとなかなか目が合わない相手だとネガティブな印象をうける人もすくならず存在はするので恥ずかしい気持ちを克服して好意を伝えたい相手には目を見て話をするようにしましょう。

まとめ

今回は好きとは恋愛とはどのような感情なのか、好きの種類から別れる際に考えほうが良いポイントなどをまとめて解説&紹介しました。好きという感情は美しく素晴らしいものです。パートナー像をしっかりと決めて大好きな人との恋愛を楽しみましょう。今まで好きがわからないと思っていた人もこの記事を参考に自分の気持ちや考えを見つめ直し整理してみてくださいね。


関連記事

関連するキーワードタグ